檜洞丸  (1,601m)
  2017年1月6日

風景  パノラマ:  2     Home

  JavaScriptを有効にしてください。
操作法:下の写真をクリック→拡大写真、右クリック→次の写真、左クリック→戻る。スライドショー時:右クリック→静止、左クリック→戻る。

ルート図 (地図をクリックすると拡します)   YAMAPで軌跡を記録しました。


@西丹沢自然教室 8:30 - Aツツジ尾根入口 8:40 - Bコーラ沢出合 9:22 - C見晴台 10:19 〜 10:37 - D箒沢分岐 11:54 -

E檜洞丸 12:12〜12:50 (昼食)- F箒沢分岐 13:07 - G玄倉分岐 14:17 - H板小屋沢 15:53 I箒沢公園橋バス停 16:15 (バス16:26発)-




 新松田駅7:15発富士急湘南バスで西丹沢自然教室行きに乗ります。警察署前で警察関係者が下りた後は乗客が少なく、終点までは2名だけでした。ツツジ尾根入口から少し道が荒れており、その後はかなりの急登です。
 コーラ沢出会いで斜め右に渡る所で河原の踏み跡を辿り、流れを渡ろうと石に足を掛けた途端、滑り倒れる失敗しました。白い石の上面は平らで、大丈夫と思ったのですが、ヌルヌルでした。水深は浅く、ズボンは防水で濡れませんでしたが、靴に少し水が入り、暫く不愉快でした。
 展望台ベンチからは富士山や南アルプスが展望でき、以降所々で樹間から見れました。途中、7時台に登った数人や縦走した二人が下りてきました。箒沢公園橋分岐付近から階段や木道に氷が張り付き、地道も凍っている所もありましたが、支障ありませんでした。場所によっては道が荒れ、陽当たりは泥になって歩きずらい所もあります。山頂には10人程が居り、その後も数人が登ってきました。展望は立木で遮られますが、富士山や南アルプスは見れます。穏やかで日差しがあり強い寒さは感じませんでした。
 バスで一緒だったYさんは犬越峠コースへ向かいました。私はピストン嫌いで、下りは箒沢公園橋コースにしました。しかし、登り返しが大小7〜8ヶ所あり、殆どが直線的な急勾配で崩れもあり、加えて大小の石が転がり、木の根、落枝、落葉で極めて歩きずらい状態でした。崩れや落葉で道が不明瞭な所もあり、そこには道標もありません。特に板小屋沢直前は道が分からず強引に落葉の斜面を下りました。
 箒沢公園橋で16:26のバスに乗ると乗客はYさんお一人でした。中川温泉「ぶなの湯」で汗を流すとお聞きし、お供させて頂きました。温泉に浸かり、スッキリして、40分後のバスに乗車しました。



リンク: YAMAPのページ





Copyright © 2017-
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー